たつきと旅好きドーラーの、ミニマリストを目指す日記

旅とドールを好む者の日記です。生活や旅行に関すること中心で、スピリチュアル話もあり。ミニマルな生活を目指しております。

日本社会から離脱って


スポンサードリンク

f:id:souhekisaiso89:20170724102254j:plain

※ドールの語り形式です

 

真緒:「日本社会から出たいってたまに思うの、私。知勇はどう?」

知勇:「思う。あたしの大嫌いなミソジニストという生き物が幅を利かしているような社会、まっぴらごめんだぜ。最も、それが男性の首も絞めているんだろうけど。」

真緒:「まったくだわ。ねえ知勇、あなたはどういった人間とはかかわりたくない?程度の低いと思うひとについて教えてほしいな。」

 

知勇:「うーん…。やっぱり言葉遣いが度を越してひどい奴だね。例えば、ブスという言葉を安易に使うタイプ。そういう口を聞いていると、魅力をなくすぜ。正直タブーワードにしてもいいレベル。」

「それから、何かあればすぐ女性のせいにするタイプ。例えば、さげまんとか言うヤツ。責任転嫁なんかする卑怯者は願い下げだ。ま、この手の牡は推測で者を言っているあさましい奴だろうけど。」

真緒:「あ、あの牡は言いすぎじゃ…。」

知勇:「礼儀知らずなんて牡で十分。ちなみにあたしが一番嫌いなのは、セクハラだ。Bワードを使うヤツは、その場でリンチして処刑したいレベルだぜ。女子も使うなよ、絶対使うなよ。リンチされても責任取れないから。」

真緒:「ああ、あなたが最も嫌な物言いか。確かに、そんな下品なことを言うヤツは愚かだわ。どれだけ失礼か、わかっていますか?」

知勇:「真緒? 話それたけど、アリちゃんも今の日本社会からは距離を置きたいみたい。異常者が目についていて、こっちまでおかしくなりそうだって。見なけりゃいいんだけれど、どうしても目につくんだよね。」

真緒:「今は若い人が海外で働くというケースも少なくないそうね。このままだと、有能な人材は日本からいなくなるでしょうね。ま、私は日本社会が崩壊して、映画『MOON CHILD』のように日本人が移民になっても知らないから。」